2015年11月26日付のバンコクポストのニュースでタイランドエリートカードについての記載がありました。

私の意訳と共に翻訳しましたので、掲載させて頂きます。

海外代理店を募集するエリートカード

Thailand Elite Cardの運営会社であるThailand Privilege Card Co(TPC)は、2017会計年度の売上を大幅に伸ばすために、エリートカードの販売と特典の構造を見直しています。

マネージングディレクターのPruet Boobphakam氏は、エリートカードの対象顧客は外国人であるため、3月にエリートカードを販売する海外の総販売代理店を30社を任命するとしています。

エリートカードのサービスはアップグレードされる予定となっており、新たに12のハイエンドゴルフコースが追加され、年末までに合計30コースになる予定です。

また、タイ式マッサージだけでなく、補完するスパトリートメントも提供を予定しています。

Pruet氏によると、エリートカードには640名のメンバーがおり、10月1日に始まった2016会計年度のメンバーシップに3億5000万バーツを支払われました。

個人会員は200万バーツで20年間有効ですが、基本会員は50万バーツで5年間有効です。

現在のエリートカードには、612の基本メンバーと28の個別メンバーがいます。

TPCは、国際的な不動産開発業者と話し合い、共同ブランドのタイエリートプロパティメンバーシップの販売を支援します。

現在、販売代理店は総売上高の30%しか提供していませんが、さらに30人の採用後、売り上げは今後大幅に増加すると予想されます。

Pruet氏は、エリートカードの販売システム、新しいサービスと特典内容は顧客の需要に基づいて作成されると語りました。

TPCの販売代理店は以前は現地のオペレーターでしたが、顧客はほとんどが外国人だったため、販売目標を達成することが出来ませんでした。

エリートカード販売を促進する新しい代理店は、観光業界に関与し、旅行や航空会社のエージェントなどの大手企業である必要があります。

Pruet氏は、エリートカードを販売するための10%の手数料とは別に、自宅から空港までのリムジンサービスなど、顧客向けの特別サービスに料金を請求することができると述べています。

TPCは、ダイビング、​​ハイキング、ヨットなどのアドベンチャーアクティビティをサービスに追加する事も検討しています。

Pruet氏は、国際的なクレジットカードプロバイダーと共に、提携ブランドのクレジットカードをエリートカードと共同で立ち上げる計画について話し合う予定です。

取引が完了すると、メンバーは新しいエリートクレジットカードと、新しいサービスが更新されたサムドライブを受け取れるようになります。

基本的なメンバーシップは個人のメンバーシップよりもTPCにとって収益性が高いため、カード所有者向けのサービスオプションを慎重に設計するとしています。

まとめ

海外に代理店を作って新しい潜在顧客の販路を見出すのは理に適った戦略だと思います。

逆になぜ今までこれをやって来なかったのか疑問ですね。

海外に代理店が出来れば現地の言葉でより営業もしやすく、新規顧客獲得に一躍買うに違いないでしょう。

参照先

https://www.bangkokpost.com/business/776965/elite-card-to-recruit-agents-overseas

Comments are closed