2017年5月9日付のバンコクポストのニュースでタイランドエリートカードについての記載がありました。

私の意訳と共に翻訳しましたので、掲載させて頂きます。

タイエリート年度上半期の収益は40%増加

Thailand Elite Cardを運営するThailand Privilege Card Plc(TPC)は、2017年9月30日までの4億バーツの収益目標を達成できると確信しています。

10月から3月の期間中、同社の収益は2億3300万バーツで、前年比で40%増加しました。

TPCは最近、Henley&Partners Holdingsを国際販売代理店に任命しました。

Henley&Partners Holdingsは、世界中に28の営業所があり、タイのエリートカードメンバーシップを有名な海外の顧客に販売できます。

TPCはタイに21の販売営業所を持っています。

『ヘンリー&パートナーズと協力して、TPCは投資家と有名な観光客をターゲットにする』とPruet Boobphakam社長は語りました。

同氏は、TPCはタイの観光産業と経済全体を牽引する役割を果たすとも述べました。

タイエリートカードはビザの特典を提供し、ビザ発行のためにビザランを行いタイ出国をすることなく、メンバーが5〜20年間タイで滞在できるようにビザを提供します。

タイエリートカードの所有者は、ゴルフ、ウェルネス/スパ、レストラン、ホテル、一部の病院での医療サービスなどのサービスの割引も受けられます。

TPCは過去6か月間で443名の新しいメンバーを新たな会員として迎えました。

同社は今年度末までに678人の新規会員を獲得するという目標を設定しています。

TPCには現在、英国、中国、米国、フランス、日本、オーストラリアを含む多くの国から4,300人を超えるタイエリートカードメンバーがいます。

タイエリートカードには7つのメンバーシップカテゴリがあり、価格は50万バーツから200万バーツの範囲で選択可能です。

最初のカテゴリはエリートアルティメットプリビレッジで、20年間のメンバーシップの価格は200万バーツです。

カード所有者は、短距離リムジンサービス、年間24回のゴルフまたはスパトリートメント、および1回の健康診断によるフルサービス特権に加えて、5年間の複数入国ビザ(更新可能)を受け取ることができます。

2つ目のカテゴリはエリートファミリープレミアムで、エリートアルティメットプリビレッジの補足的なカードです。

20年間の会員費は100万バーツであり、カード所有者は5年間の複数入国ビザ(更新可能)に加えて、短距離リムジンサービスと年間10回のゴルフまたはスパトリートメントを利用できます。

3番目のカテゴリは、5年間のメンバーシップで500,000バーツのエリートイージーアクセスです。

4番目のカテゴリは、エリートファミリーエクスカーションです。

5年間の複数入国ビザで800,000バーツの費用がかかり、子供たちがタイで勉強しているビジネスマンや海外からの訪問者を対象としています。

5つ目は、80万バーツのエリートファミリーオルタナティブであり、10年間のメンバーシップ期間で、5年間の複数エントリービザ(更新可能)を提供します。

6番目のカテゴリは、800,000バーツのエリートプリビレッジアクセスです。長期の一人旅や家族向けです。

最後は、長期滞在の退職した外国人のために設計されたエリート優越延長です。

20年間のメンバーシップに対して100万バーツの費用がかかります。

まとめ

今年度上半期の売り上げが前年同期比と比較して40%増加は素晴らしいニュースですね。

これは何よりTPC社のマーケット戦略が上手くいったことの現れだと思います。

カードが8種類もあり選択可能になっているのも功をそうしていると言えるでしょう。

これからも好調な売り上げを維持して、さらなる特典を追加していってくれれば嬉しく思います。

参照先

https://www.bangkokpost.com/business/1246214/thailand-elite-to-gain-ground-with-jet-set

Comments are closed