2013年1月29日付のバンコクポストのニュースでタイランドエリートカードについての記載がありました。

私の意訳と共に翻訳しましたので、掲載させて頂きます。

TPCはまだエリートカードディレクターを探しています

Thailand Elite Cardを提供するThailand Privilege Card Co(TPC)は、資格のある申請者を1人だけ受け取った後、2月6日までマネージングディレクター(MD)ポジションの募集申請の期限を延長しています。

申し込みの最初の締め切りは1月22日で、10人からの申請が提出されました。

現在、1つポジションのみが対象となりました。

期限延長は、より有能な人々を引き寄せることを目的としています。

TPC理事会メンバーであるArunporn Limskul氏は、新しいマネージングディレクターは、新しいエリートカードのターゲットグループやマーケティングチャネルを明確にするなど、内閣が承認したビジネス計画を実行するのが主な責務になると述べました。

応募者が民間企業で働いていた場合、その人は10億バーツを超える価値のある事業で少なくとも1年間は副社長または社長を務めてた経験を持っている必要があります。

3月には、TPCが「お金で買えない」キャンペーンを開始し、エリートカード販売を再開し、新しいメンバーを募集します。

新しいエリートカードメンバーの会費は20年間で200万バーツで、これまでのような生涯のステータスはありません。

TPCは年末までに1,300人の新しいメンバーを募集する予定です。

グループは2022年までに現在の2,562人から10,000人の会員を目指す。

前の政府が閉鎖を命じた後、TPCはインラック・シナワット政府から強力な支持を得て閉鎖の瀬戸際から脱出した。

まとめ

現在TPCはMD(マネージングディレクター)を募集しているようです。

10憶バーツを超える事業を行っていた副社長以上が対象という事で一般のサラリーマンでは難しいポジションですが、累積赤字を解消するために非常に重要なビジネスキーマンとなるのでそれ相応のスペックが求められています。

2022年までに10000人のエリート会員達成出来るようにこれから新しいエリートカードに期待したいと思います。

参照先

https://www.bangkokpost.com/business/333108/tpc-still-looking-for-elite-card-director

Comments are closed