2020年10月16日付のバンコクポストのニュースでタイランドエリートカードについての記載がありました。

私の意訳と共に翻訳しましたので、掲載させて頂きます。

CCSAは500人のエリートカードメンバーをクリアします

タイプリビレッジカード社(TPC)によると、約500人のタイエリートカード会員がCovid-19状況管理センター(CCSA)によってタイへ入国することを承認されています。

タイ国政府観光庁の下でタイエリートカードプログラムを運営している国営企業であるTPCの社長であるSomchaiSoongswang氏は、この500人の承認されたエリートカード保持者合計のうち、ドイツと英国からの52人がすでにタイへ入国していると述べました。

同社はコロナパンデミック前は、月に400件の新規会員募集であったのに対し、8月と9月には外国人投資家や起業家から月に900件の新規会員申請を受け取ったと語りました。

TPCは外務省と緊密に連携して、入国の意思を表明した残りのメンバーの入国証明書(COE)を取得するプロセスを容易にしています。

ソムチャイ氏によると、この外国人グループの平均支出額は1人1日あたり100米ドルであり、タイの国民経済を後押しする可能性があると述べています。

ソムチャイ氏はまた、現在進行中のタイのデモ、政治不安情勢がタイのエリートカード会員の信頼を損なう可能性は低いとも述べています。

100万ドルの投資を促進することを目的とした、エリートフレキシブルプログラムに基づく2つの新しいエリートカードプログラムは、2021年1月にスキームが開始される予定です。

ソムチャイ氏によると、このプログラムで少なくとも1,000枚のカードを販売することを達成可能な目標としており、年間新規エリートカード会員の目標である2,500人を補完することができるとも目論んでいます。

9月に終了した2020年度のTPC社の売り上げは、26.7%増の16億バーツとなりました。

9月と10月の好業績により、新規会員数は2,674名となり、前年同期比24.8%増となっています。

ソムチャイ氏は、「同社の年間純利益は2億バーツを超え、今後2年以内に5億5500万バーツの累積損失から回復することを望んでいる」と語りました。

9月30日現在、タイエリートカードの保有者数は11,132名です。

会員のほとんどが中国、日本、韓国、英国、米国から来ています。

当期の成長率が最も高かった市場は、中国(52%増)、続いて米国とドイツ(それぞれ44%)、フランス(31%)、英国(29%)でした。

エリートイージーアクセスは50万バーツで、5年間の複数入国ビザが特徴で、最も人気のあるエリートカード会員パッケージで、会員の61%を占めています。

TPCは最近、外国人に5年間の会員プランを提供する新しいタイプのカードElite MaximaHealthを導入しました。

これは、150万バーツ相当のカードで10月1日に発売開始されています。

このカテゴリーのメンバーは、毎年の健康診断、地元および海外の病院へのアクセス、年間500万バーツの健康保険、スパトリートメントなどの健康とウェルネスの特権を受け取ることが出来るとしています。

参照先

https://www.bangkokpost.com/business/2002903/ccsa-clears-500-elite-card-members

#

Comments are closed