2020年10月12日付のバンコクポストのニュースでタイランドエリートカードについての記載がありました。

私の意訳と共に翻訳しましたので、掲載させて頂きます。

外国投資を誘致するための新しいエリートカードのメリット

タイエリートカードの新しい会員特典は、少なくとも200億バーツの追加の外国投資を引き付けると予想されています。

現在タイでの不動産セクターは低い収益と国際的なバイヤーの不足の両方の影響を受けており経済規模の減速が続いています。

タイエリートカードの経営陣であるTATのYuthasak Supasorn氏は、タイの不動産投資と長期滞在型観光市場の両方を後押しする方法を検討している述べました。

TATが所有するThailandPrivilege Card(TPC)社は、タイランドエリートカードを管理しており、より多くの投資家を引き付けるために、会員特典を通じて2つの刺激策を提供する予定です。

フレックスワン

「フレックスワン」と呼ばれる最初のパッケージは、国際的な不動産開発会社と協力することを目的としています。

TPCは、最低1,000万バーツ相当の不動産を購入する購入者にタイエリートカードのメンバーシップを追加することを奨励します。

不動産に投資する意思があるが、現在の旅行制限の中でタイへ入国する方法がわからないバイヤーを容易にします。

フレックスプラス

2番目のプランである「フレックスプラス」は、タイに100万米ドルで投資するエリートカード保有者に労働許可を付与するというものです。

このプログラムは、タイランドエリートカードの有効期限が5年を超える現在のカード保有者、または100万バーツを超える会員パッケージを申請する新規会員の両方を対象とするプログラムです。

Yuthasak氏は、現在、タイのエリートカードは、長期滞在での入国に対してのみビザを提供できると述べました。

TPCはノンイミグラントビザBビザを申請せずにこのグループに労働許可を与えるように労働省に求める予定です。

このプログラムが承認されれば、不動産に加えて、タイのエリートカード保有者は国債、貯蓄、または株式市場などのより多くの投資機会を探すことができます。

ただし、会員がタイへの投資を中止した場合、労働許可は自動的に取り消されるともしています。

同氏は、この2つのプログラムは来年までに有効になると予想されていると述べました。

TPCが今回新たに提案されるエリートフレキシブルプログラムの下で少なくとも1,000枚のカードを販売できる場合、パンデミック前の年間2,000枚の販売と比較して、200億バーツがタイ経済に貢献されるとYuthasak氏は述べています。

「タイに長期滞在したい低リスク国の潜在的な投資家からの需要があります」と彼は言いました。

「これらの貢献をタイに向け直すことができる適切な解決策を見つける必要があります。」

さらに、TATは、クリエイティブエコノミーエージェンシーおよびナレッジマネジメントアンドデベロップメントオフィスと緊密に連携して、11月から開催されるイベントでバンコクの人々への新年の贈り物を準備する予定です。

参照先

https://www.bangkokpost.com/business/2000963/new-elite-card-benefits-to-attract-foreign-investment

#

Comments are closed